地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、名古屋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

名古屋の地域情報サイト「まいぷれ」

災害ボランティア愛・知・人

防災・地域交通環境など | 地域住民組織活動・まちづくり活動 | その他

私達のコンセプトは【小さな気持ちを伝え・広げ・届けよう】 被災地での支援活動や、地元でもできる活動を通じて、一人でも多くの方に助け合う気持ちを広めたく、無理せず小さな事から始めましょうと呼びかけています。 人の心は良い事も悪い事も感染すると考えています。 そんな人と人の繋がりを大切にし、その思いと活動を全国に広げたいと思っています。


東日本大震災直後、立ち上げた団体です。その後毎年のように起きる自然災害の被災地にて活動しています。宮城県東松島市矢本運動公園仮設住宅で炊出しやイベント活動を行い8年間で計18回遠征。現在も年1回、GWに「青い鯉のぼりPJ」に参加。台風の水害被災地(2011年熊野市・新宮市・春日井市、2012年大津市、2013年萩市、2014年南木曽町、2015年常総市)で泥だし等の復旧作業。2016年の熊本地震では民間ボランティアセンターを開設。6か月間運営し、ブロック塀の撤去や屋根のブルーシート張り等の支援活動を実施。2017年7月の九州北部豪雨では大分県日田市で約1か月滞在し、社協さんのボラセンの運営補助。社協のボラセン閉鎖後の9月からはひちくボランティアセンターの作業班として、毎週末通い、12月まで活動。2018年4月の島根地震では大田市にて熊本地震でのブルーシート張りの技術を生かし、地元団体さんと共に2か月間活動。そして4/9の島根地震・6/18の大阪地震でもブルーシート張りの作業を現在も継続中。専門的な知識や技術をもったメンバーによりボランティアリーダーとなる人材を育成中。現在は西日本豪雨被災地(関市・広島坂町・愛媛大洲市)にて活動中。平常時は社会福祉協議会・自治会・自衛隊などが主催するイベントに参加しボランティアの心、防災意識を高める活動。またこれまで関わった被災地の自立に向けた支援及び住民さんとの交流を継続しています。
活動場所春日井市内及び全国の被災地
活動日不定期(遠征活動は主に週末)
会費活動によっては一部自己負担あり
設立年月日2011年4月3日
会員数700名
連絡方法HPの「お問合せフォーム」をご利用ください
TEL:090-9231-0827
FAX:0568-84-0705
ホームページhttp://ai-chi-jin.lolipop.jp/
災害ボランティア愛・知・人のコミュニティ 掲示板トピックス

人気のキーワード