地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、名古屋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

名古屋の地域情報サイト「まいぷれ」

【仕事と子育て】二兎を追うパパ編集長の日常

早帰りしたら夫婦の時間がなくなった・・・

2016/09/14

我が家の状況

長女が1歳7ヶ月。おしゃべりもすごく、絶賛イヤイヤ期突入。
次女が生後5ヶ月。絶賛おっぱい中。
年子で長女がまだ甘えたいのに甘える時間が少なく、
ちょっとヤキモチをし始めています。

子ども達の生活リズムですが、
6時~7時の間に起床→朝ごはん
11時頃→お昼ご飯
12時すぎ→午睡
17時頃→晩ごはん
18時~19時→お風呂
20時~朝まで→睡眠
という感じです。次女もよく朝まで寝てくれます。

私の仕事は、遅くても22時くらいまでには終わります。
定時が18時なので、18時30分くらいに家に帰れることもあります。

子育て支援事業をやっている会社の管理職でもあるので、
なるべく家族との時間をとりたくて、また妻との会話の時間もとりたくて、
がんばって早く帰れるように仕事の生産性を上げるよう努めてきました。


早く帰ったら逆に夫婦の時間がとれなくなった!?

昨日仕事を早く切り上げて、18時過ぎに帰ったんです。
私としては子ども達と一緒にお風呂も入れて、
妻がご飯を作ってくれている間も子ども達と遊べて
非常に楽しい時間を過ごしていたのですが・・・

いつもはお風呂入ったらすぐ睡眠に入っていくのに、
パパとママが晩ごはん食べるのを横取りしようとしたり、
その後も、パパがいると遊んでもらえるのでテンションが上がって、
なかなか睡眠に入っていかず・・・
21時頃にベッドに移動して寝かしつけを2人でしていたら
結局そのまま全員寝落ち・・・
夫婦の時間はほとんど確保できませんでした。

そして今朝妻にこう言われました。
「あなたが21時くらいに帰ってきた時の方が私達たくさん会話できてるよね」

うーむ、確かにそうなのです。
子どもが起きているとどうしても子ども中心になり、夫婦の会話は少ない。
夫婦の会話ができるのは子ども達が寝た後。
でも遅い時間から寝かしつけすると一緒に寝落ちの確率が高くなる。
結局、妻が子ども達を寝かしつけた後に私が帰ってきて、
夫婦2人で晩ごはんを食べたほうがたくさん会話ができるのです。

なんということでしょう!
良かれと思った早帰りが夫婦の時間という点では逆効果だったのです。

んでどうしよう

私としては、早帰りすると子ども達とたくさん時間を過ごせるのがメリット。
夫婦2人の時間という観点では、21時くらいに帰ると会話ができてメリット。

ということで、
1週間のうちに早帰りと遅帰りをバランスよく組み合わせるとよいのかな。

どうしても今日終わらせなければならない業務以外を
別の日に全部寄せていって、その日は早帰り。
そして寄せられた日を遅帰りの日とする。

みたいにできるでしょうか。

ちょっとチャレンジしてみようと思います。


【続】早帰りしたら夫婦の時間がなくなった・・・ はこちら